インドの水事情

お世話になります。合同会社アークです。


「海外で生水を飲むな!」

一度は聞いたことありませんか?

出張時、滞在先のホテルでも、日常でもミネラルウォーターを飲むのが普通です。

そもそも水道水を飲める国は15カ国ほどしかないようです。非常に少ないですね。

(カナダへ出向していた時代は水道水を飲むのは普通でした。中には公共トイレの手洗い場から自前のペットボトルへ水を入れているツワモノまでいました。)


さて、インドの水事情なのですが、もちろん劣悪です。

一部の地域で調査した簡易結果を記します。

水源:井戸水

現地では、ほぼ例外なく飲料/工業用問わず井戸水が主体

*一部海水を淡水にして使用している地域あり

水質の問題点

①雑菌/細菌が多い

②環境汚染物質が入っている可能性大(取水する地域によります)

③塩分濃度が高い


*日本の水質検査機関で調べた詳細な調査結果をご希望の場合はお手数ですが別途ご連絡下さい。


この結果を見て、インドの井戸水を飲みたい方はなかなかいないと思います。

しかし、インドの方は飲んでいます。

はたして、環境汚染物質が入った水を取り続けて健康に良いと言えるのでしょうか?

現在、合同会社アークではこのような劣悪な環境を改善する為に、インド向けにソリューションを提示するべく活動しています。

綺麗な水が気軽に飲める生活を送って頂くことに賛同いただける方、連絡お待ちしています。



ARK.LLC

合同会社アークの企業ページ 富裕層向け医療ツーリズムのBtoBコーディネート及びバイオマス発電、バイオ燃料の用地取得及び管理