11月1日より介護実習生受け入れ開始

いつもお世話になっております。合同会社アークです。


介護事業者様の皆様は以前より外国人実習生の受け入れが11月1日より始まると耳にしていた人も多いと思いますが、ついに明日、法律が施工されますね。


・外国人実習生受け入れとは?

主に発展途上国の若者に対して、経済発展・産業振興の担い手となる為に、先進国の進んだ技能・技術・知識を修得させようとする国際協力・国際貢献の一つです。


新聞にもありましたが、再度3つのポイントをお知らせします。

1.基本方針や関係者の責任を定めた技能実習生適正化法が11月1日施行。

2.対象職種に「介護」を追加。これにより、受け入れ可能となる。

3.実習生に対する人権侵害に罰則を設け、受け入れ先の監督を強化。


1,2番は前述の通り介護職での外国人実習生の受け入れが法的に許可が出ます。

3番は以前から問題になっていた実習生に対する不当な扱いを是正するものです。

実習生を低賃金の奴隷のように扱っていた企業は戦々恐々としていることでしょう。


次に、介護事業主にとってこの海外実習生は非常に明るいニュースと言えます。

東海・中部地方にて介護事業主にインタビューしたところ、一番多かったのが、

「夜勤の人員が確保できない、もしくは非常に厳しい」というものでした。

他事業所が少しでも良い時給の求人を出せばそちらに移ってしまい、どんどん人件費が増加しています。人員が確保できない、人件費高騰では経営に響くのは必然です。

海外実習生は時給が上がる夜勤を好んで行う傾向があります。

優秀な人材が定期的に夜勤に入れば、先ほどの人材確保、賃金高騰の問題は緩和され経営状態の改善が期待できます。


最後に、弊社と繋がりのあるベトナムにて看護実習生を育成している機関から助言を頂いたので皆様にお伝えします。

「ベトナムの大学と直接つながって実習生の雇用ができる」と

うたっている企業には気を付けてください。実習生の採用は労働局管轄になり出来ません。


外国人実習生受け入れに関して様々なお悩みや疑問をお持ちの皆様、是非一度弊社にお問い合わせいただきますようよろしくお願い申し上げます。

ARK.LLC

合同会社アークの企業ページ 富裕層向け医療ツーリズムのBtoBコーディネート及びバイオマス発電、バイオ燃料の用地取得及び管理